BLOG
MITRAのココロ

桃ヶ池長屋 2015「秋むすび」に参加します

お知らせが遅くなりましたが春と秋に毎年開催されています
桃ヶ池長屋のむすびの市
2015「秋むすび」に初めて参加させて
いただくことになりました。.:*・゚☆

今年の秋むすびは10月24日(土)、25日(日)
今回MITRAはハロウィンオブジェを作るワークショップで
両日とも参加いたします。

ファイル 399-1.jpg

丁度ハロウィン前というのもあってハロウィンの風景を
手のひらにのるくらいのブリキのバケツにジオラマ風に
作っていただきます。

ファイル 399-2.jpg

ハロウィンパーツなどはMITRA手作りのものです。
ジャック・オ・ランタンはこんなくらいの大きさ・・・(≧∇≦)

ファイル 399-3.jpg

そんなパーツでかわいくお好きにハロウィン風景を楽しんで
作っていただければと思っています。

ファイル 399-4.jpg

今日は夕陽がきれいに窓に差し込んでいたので
夕陽の自然の照明をいただいてパチリ・・・
秋の雰囲気出てるかな・・・(´▽`)


~バケツいっぱいのハロウィン風景をつくる~

日時:10月24日(土)・25日(日)

場所:「りんどうの花」の離れ

◆1回目 11:00~
◆2回目 14:00~

定員 各回5名

所要時間 30分程度

参加費 1,500円

※要予約 

~お申込み、お問い合わせについてはこちらから・・・「秋むすび」ワークショップのご案内

いつもは遊びに行かせていただいていた「むすびの市」
今回は出店者側で一緒に楽しみながらWSさせていただきたいと思っています。
皆さまにお会い出来るのを楽しみにお待ちしております。。.:*・゚☆

OSAKAアート&てづくりバザールvol.19

先日、久しぶりにOSAKAアート&てづくりバザールに行ってきました。
今年は4日間開催で、ものすごい数の方々が出店されていて
お知り合いの方にも何人かお会いすることができました!

やっぱり行くと何か購入してしまう・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ
欲しかったものや思いがけず出会った自分好みのピンときたものを
何点か購入してきました~

ファイル 397-1.jpg

こちらはいつもかわいいワンちゃんを描かれている
オサダキョーコさんのイラストカレンダーヽ(*´∀`)ノ
毎年カレンダーを飾らせていただいています!
今年は初めて大きなカレンダーをGET~。.:*・゚☆
来年飾るのが楽しみです。

ファイル 397-2.jpg

ファイル 397-3.jpg

そしてその他もイラスト作家さんの作品ばかり購入してしまっていました(^^;)
どちらの作家さんもとっても大好きなテイスト!
Torihacoさんのイラストはテキスタイルになるととっても良さそう~
配色とモチーフデザインがほんとにステキ。.:*・゚☆
ポストカードは選ぶのめっちゃ迷うほどいっぱい欲しいものがありました!

Yuni&Nonaさんの作風はアート&てづくりバザールのチラシに掲載されたものを
見た時から気になっていました。
この空想の世界観とからくりチックなところ、細かいデザインがすごくいい感じ。.:*・゚☆
ポストカードと一緒に思わず買ってしまったのがこの作品~

ファイル 397-4.jpg

イラストの3D作品!
3Dアートは元々好きなのと、このサイズ感と細かいイラストの感じが
ハート持ってかれましたヾ(≧∇≦)〃

あれだけものすごい数の作品の中から「おっ!?」と興味を持ってもらえるってことは
とんでもなくすごいことなのだと思うんです。
「おっ!?」って思ってじっくり見てみてももう少しここがこうだったらな~
あ~だったらな~なんてのも数多くありました。
おしい~~(/ー ̄;)ってつぶやいてしまうくらい・・・(笑)
それは私の意見でしかないのですがたくさんの人に納得して
購入してもらえる作品を作るってホントに難しいんだな~と実感しました。

あともう一つつい買ってしまったもの・・・。

陶器でできた数字やアルファベットが大小たくさん箱に入っていて
なんとなくジャラジャラ~っと触っていると
あ~いい音~~(´▽`) 。.:*・゚☆
磁器でできてるのかとってもよい音がするのですよ。
これはまた磁器チャイムを作れるかも・・・と
輪っかになったアルファベットの「O」?と思われるものばかり
色違いで購入してきました・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

ファイル 397-5.jpg

お店の方に支払いするため持っていくと「O」ばかりなぜ・・・?って
聞かれてしまいました(笑)

またチャイムになったら写真をUPしたいと思います。

とにかくいろんな人たちのハートがキュンとなる作品を作るのは
簡単なことじゃないってこと・・・。
今回のアート&てづくりバザールはそんな点でとっても勉強になりました。

私もがんばっていきたいと思います・・・(>_<;)

京都まで芸術鑑賞~ルーブル美術館とマグリット展

三十三間堂の圧巻の千体千手観音立像を拝観してから京都市美術館までバスで移動。

ファイル 395-1.jpg

ファイル 395-2.jpg

とにかく第一の目的マグリット展がとっても楽しみにしていたので
おいしいものは後回しにしておいて・・・
お隣でやっていた大人気のルーブル美術館展も観てみようと先に観賞~。

ファイル 395-3.jpg

平日で朝から一日雨模様な日だったにもかかわらず結構な人が!
16世紀初頭から19世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画、約80点の名画が並んでいるとのこと。
最初から名画たちの前には行列ができていて作品を観るのに時間がかかりそうな雰囲気。
なんとなく後ろの方からちょこちょこっと観ながら
ふ~~んって感じで観ていってしまっていました(笑)
今回のルーヴル美術館展の目玉はフェルメールの初来日作品《天文学者》
これまた目を凝らして観ている方がいっぱい。
フェルメールのファンは多いですね~
私が一番興味があったのは後半に展示されていた「アトリエの芸術家」という作品群。
ここはなかなかおもしろかったです。
一通り観て感じたこと「あ~私ってこういう絵にはあまり興味ないんだわ・・・」
ということに今になって気づき・・・。
たくさんの名画の前でなんて失礼なことでしょう・・・(;-_-)

ファイル 395-4.jpg

そんなことで楽しみにしていたおいしいものマグリット展の方へ移動しました(笑)

ファイル 395-5.jpg

看板の前でちょっと記念撮影~
あ~~もうどれもおもしろい~~ヾ(≧∇≦)〃
きっとこういったシュールな絵って自分の頭では発想できないから
人の頭の中の妄想をビジュアル化して観せてもらえてるようで
ワクワクするんだろうな~と思ったり。
でもマグリットが残している言葉を読んでいると
頭の中だけの空想ではなく本当にこの人にはそんな風景が見えていたんだな~と。
配色とか構図がとっても勉強になりました。
グッズ販売コーナーではこれでもかというほどたくさん買ってしまった・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

午前中から動いていて結局マグリット展を観終わったのが3時半くらい
お昼も食べずに動いていたのでおなかがペコペコで・・・。
京阪三条の方まで雨の中とぼとぼと歩いて学生の時に何度か行ったことがあった
京はやしやに行ってきました。

あいにくこの日は雨模様であまりきれいに見えませんでしたが
ビルの6Fにあるお店の窓からは鴨川と比叡山が望めます。

ここにくるといつも茶飯を食べてたことがなつかしくこの日も茶飯を・・・ヽ(*´∀`)ノ
ほうじ茶で炊いたご飯と緑茶を炒めたチャーハンでとってもおいしいんです。
この日付いていたお茶は凍頂烏龍茶でしたヽ(*´∀`)ノ
特製あんみつのデザートセットで注文したので食べ終わると
デザートが目の前に運ばれてきて・・・
それが「わぉ~~」と声をあげてしまうくらいめっちゃすごい大きな器にてんこ盛り~

おなかいっぱいで音を上げてしまいそうでした(^^;)
息子の頼んだ抹茶パフェもかなりの量~
(家に帰ってからちょっとおなか壊してはりました(笑))

おなかもいっぱいになって三条大橋を渡っていると
池田屋事件で付いたと言われている刀傷が付いた擬宝珠を発見~

歴史ある町と実感してしまいました。

あ~マグリットはほんとによかった~

ルーブル美術館展は9月27日(日)までマグリット展は10月12日(月・祝)まで
開催されています。
芸術の秋・・・ご興味ある方は是非観に行ってみてください。

京都まで芸術鑑賞~蓮華王院三十三間堂

息子が大学の長い夏休みの間に一緒に京都まで芸術鑑賞へ。
とっても観に行きたかった京都市美術館で開催されている
「マグリット展」が第一の目的。
せっかく京都まで出かけるのでどこかお寺も巡りたいな~と
初めて「蓮華王院三十三間堂」に行ってきました。
晴れ男の息子連れだったのにもかかわらずこの日はあいにく一日雨・・・(´Д`|||) ドヨーン
少し早目の秋雨前線にはかないませんでした(笑)

ファイル 393-1.jpg

三十三間堂・・・正式名は蓮華王院、本堂が三十三間堂と呼ばれています。
とっても長~いお堂で内陣の柱間が33あって
観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しているそうです。

ファイル 393-2.jpg

ファイル 393-3.jpg

ファイル 393-4.jpg

長いお堂の中の中央には見事な国宝「千手観音坐像」

そして一列目には国宝「風神・雷神と二十八部衆像」
千手観音坐像の左右にはこれまた等身大の1000体の「千手観音立像」がずらりと
階段状に10列にきれいに並んでいますΣ(゚Д゚;)
これはとにかく圧巻です!

これだけの数の千手観音さま、いろんな仏師によって作られたもので
お顔の表情がそれぞれ少しずつ違います。
この中に自分にそっくりなお顔を見つけることができるとも言われています。
少しずつ重なり合って配置されていてすべてのお顔を拝見することができないので
残念ながら自分の顔に似た千手観音さまは見つけれませんでした。
息子と「おおかた中井貴一に似てるように見えるな・・・( ̄▽ ̄) イヒ」と
冗談を言いながらもあれは○○さんに似てる・・・と思われるような
千手観音さまが何体かいらっしゃいました・・・(笑)

ファイル 393-5.jpg

池の周りの樹木の中にカリンが実をつけていました。

最後に境内のマンホールをパチリ・・・。

ゆっくりとたくさんの千手観音さまのお顔を拝見してから
バスに乗って京都市美術館の方へ~

続きはこの次の記事で・・・

平城京天平祭2015~光と灯りアートフェス~

夏の終わりに夫婦で奈良まで平城京天平祭に行ってきました。

ファイル 390-1.jpg

画像はクリックすると大きくなります。

今年は8月28日~30日の三日間開催されていました。
三日間のうち第一次大極殿特設ステージではいろんなステージが観れます。
30日の演目の島根県石見地方に伝わる「石見神楽」の大蛇の舞も観たかったのですが
今回は「高千穂の夜神楽」を観たくて28日に行ってきました。
この演目の前にはインドの古典舞踊と音楽を楽しませてもらいました。
シタールとタブラの音がよかった~

国指定重要無形民俗文化財の「高千穂の夜神楽」
ワクワクしながらセッティングされているのを見ていると
神庭に下げられている彫物(切り絵みたいなもの)がとってもいい~

ファイル 390-2.jpg

しかしながら始まるまでものすごい風で彫物が千切れてしまうんじゃないかというくらい
バタバタとなっていて彫物の絵柄がうまく写せず・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
それが夜神楽がはじまるとなんと風がピタリと止んでこんな状態にΣ(゚Д゚;)

ファイル 390-3.jpg

なんとも不思議~~。.:*・゚☆
お話は天岩戸開きの場面の神話です。
岩戸の中に天照大神がスタンバイされたのかもしれないな~と妄想(笑)

初めに手力雄命(たぢからおのみこと)が天照大神が隠れている天岩戸を探し当てるという場面。

ファイル 390-4.jpg

その後に天鈿女命(あめのうずめのみこと)の舞
天照大神は天岩戸の前で楽しそうに舞い八百万の神が笑っているのが気になって
天岩戸の扉を少し開けるという場面。

ファイル 390-5.jpg

天鈿女命と入れ替わるところで小粒の雨がサ~~っと降ってきて
浄化の雨か~?なんて思いながら本降りになったらどうしよ~と
ヒヤヒヤしましたがしばらくして止んでくれて(´▽`) ホッ

次に戸取りの舞。天照大神が岩戸の外のことに気をそらされている間に
さっきは白かった手力雄命が顔を真っ赤にして再登場して岩戸を開けるという場面。

岩戸を開いてから天照大神はどう表現するのかと思ったらご神体である鏡で表現されていました。

な~るほど~天照大神は舞い手としては最後まで登場しないそうです。

最後の赤い手力雄命の舞手さん舞の最中飛んだ後だったか黒髪の部分が
ずれ落ちてしまうというハプニングが・・・Σ(゚Д゚;)

なかなかうまく直せず楽奏の笛の方が直しに出てこられてました・・・。
こんなこともあるんですね・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

平城宮跡のいろんな場所に視覚を楽しませてくれる光と灯りの展示体験作品が
たくさん展示されていたり光の天平行列も観れました。

燈花会@大極殿はとってもきれかったです。

平日だったせいか少し人は少なかったのかな~
夏の終わりに悠久の古都奈良で光と灯りアートフェス楽しめました。

平城京天平祭の写真をアルバムにしました。

MITRA Photo Albumみとぅらのヒトコマ

もしご興味ありましたら覗きに行ってみてください。

PREVIEW NEXT