BLOG
MITRAのココロ

2017年あけましておめでとうございます。.:*・゚☆

あけましておめでとうございます。.:*・゚☆

昨年もたくさんのご縁をいただきすばらしい一年となりました。
これもひとえにいつもお世話になっております
皆さま方のおかげと心より感謝致しております。
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

ファイル 434-1.jpg

さて今年2017年は酉年・・・。
毎年慌ただしく年賀状のデザインをどうしようか迷いながら
制作しておりましたが今年の作品は昨年10月に開催されました
「オトナ工芸魂」展に出展させていただいた作品を
そのまま写真撮影して年賀状にしました。
制作風景の内容はこちらで~

というか年賀状を想定して出展作品を制作したと言った方が正しいのですが(笑)
今年はデザインも決まっているからすぐに年賀状もこなせるわ~なんて
余裕でいたら、その他の作業でなかなか年賀状に取り掛かれず
結局またまた年末押し迫ってから印刷作業に追われておりました・・・。
途中インクも切れちゃうし・・・Σ(゚Д゚;)
ほんとに毎年こんな感じ・・・(^^;)

今年の作品は酉年ということで鳳凰をモチーフに
和紙を使った白い作品を制作しました。
切り絵の世界も大好きで小さな電球を仕込んで
シルエットに見えるようにしています。

賀詞は「鳳鳴朝陽」
意味は・・・
*元旦に鳳凰が朝日に向かって鳴くと
その年は縁起がよいとされている。
*世の中が平和なことを示すめでたいしるしのこと。

そんな意味があるそうでちょうど作品のイメージにあってこれに決めたのですが
他にも違った意味もあるようでそれがこんな意味でした・・・。

*すぐれた能力のある人が大きな志を発揮する機会を得ること。

へ~~そんな意味もあるんだ~と年賀状を出してから知ったのですが・・・(笑)

すぐれた能力があるとは言えませんが大きな志を発揮する機会を得れる・・・
といったところではそんな一年になってくれたらいいな~と
よい賀詞を選んだかも・・・と一人納得していました(笑)

皆さまにとってもそれぞれのすばらしい能力が大きな志を発揮できる
機会が得れますように心よりお祈りしております。.:*・゚☆

カフェ椿さんの看板

前回続いて光柳院さん併設のカフェ椿さんの看板をご紹介
娘さまがバター、卵不使用、国産の材料、オーガニックにこだわった
身体にとっても優しい焼き菓子を作られる方で・・・。
お店を3月21日にオープンするとのことでした。
お問い合わせいただいたのが3月初めだったので
それまでにまだ抱えてる仕事もあったので
オープンには間に合わないことをお伝えしたのですが
それでも是非制作してくださいととってもありがたいお返事をいただきました。

ご依頼のイメージは
*フランスにおられたこともあるようで日本の伝統も重んじているけれど
パリのカフェのような雰囲気も出したい
*和と洋が融合した大正ロマンの感じやアンティークがお好き

そんなイメージからできあがった看板がこちら

ファイル 433-1.jpg

元々ご自分で描かれていた看板イラストイメージもお送りいただいていたので
その雰囲気も頭の隅に置きながらあらためてデザイン構成していきました。
大正ロマンのイメージがお好きということで
ロゴやモチーフをモダン風なポスターをイメージしました。

ファイル 433-2.jpg

いただいていたイラストが椿の葉とお花を縦の楕円に
並べておられたのでそれを流れるようなグリーンにデザイン化してみました。

イラストに描かれていた「mille printemps」はどんな意味があるんだろうと
調べたらフランス語で直訳すると「千の春」
ご依頼いただいた娘さんのお名前が「千春」さん
あ~お名前からきているんだ~と気付いたので
「mille printemps」はメインの椿のお花の下の帯にサイン風にいれてみました。

ファイル 433-3.jpg

「TUBAKI」のロゴの周りのフレームの左右にある飾りや楕円の周りにある
白い飾りは毘沙門天さまの持っておられる宝棒の先に似たものにしてみました。

ファイル 433-4.jpg

ファイル 433-5.jpg

特にカフェの看板は毘沙門天さまについてのリクエストはなかったのですが
やっぱり毘沙門天さまにお守りいただいてるように
どこかに関連させたものをお入れしたくて・・・。
宝棒は仏敵を打ち据える護法の棍棒で災難を退けてくれるものだそうです。
きっと毘沙門天さまの宝棒でお守りいただけるんじゃないかな~と思っています。

寺院の看板と仲良く並んで設置していただいています。(お写真お借りいたしました)

今回のご依頼で今までと違ったイメージのものを制作させていただき
とっても貴重な経験をさせていただきました。

カフェ椿さんのHPはこちらです・・・

お送りいただいた焼き菓子とってもおいしいかったです。
通販もされているようなので是非お取り寄せしてみてください~

光柳院さん、カフェ椿さんご依頼本当にありがとうございました。

こちらでお客さまからのご感想と作品をご紹介しています。

クラフト工房MITRA オンラインショッピング オーダーメイド商品


,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

トールペイント看板・表札のご依頼はこちらから・・・

クラフト工房MITRAオンラインショッピング

,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

毘沙門天さまからのご縁。.:*・゚☆

またまた怒涛のように仕事と制作に追われていて
新しい看板制作更新が全くできていませんでした・・・(゜-Å)

もう夏に納品させていただきましたお話になりますが(^^;)
お寺の看板とお寺に併設しているカフェの看板をご紹介。

寺院は熊本県菊池市にあります「光柳院」さんという
毘沙門天さまをお祀りされた寺院さん。
そしてその光柳院さんに併設しているカフェ「カフェ椿」さんを
娘さまがオープンされるとのことで
光柳院さんとカフェ椿さんの看板を制作させていただきました。

ご依頼いただいたのが3月初め。
少しずつイメージを伺いながらラフスケッチを制作しました。
そんなやり取りの最中にあの熊本の震災。
震源地から結構お近くのようだったのとても心配しましたが
大きな揺れだったのにもかかわらず何一つ落ちたものがなかったそうです。
きっと毘沙門天さまにお守りいただいたんでしょうね。

先ずはそんな光柳院さんの看板から・・・。

ご依頼イメージは
*毘沙門天さまの梵字を金色で入れてほしい。
*お寺なのでシンプルなものがいいけれど若い女性も来やすいように
現代風なモダンなイメージにもしたい。
*青い月のイメージ。
それと金色で毘沙門さまの姿を入れていただけたら...
と平山郁夫画伯の「受胎霊夢・摩耶夫人」という作品の
写真をお送りいただいたのでそこからイメージを膨らませていきました。

ファイル 430-1.jpg

俗名が柳子さまで寺院名にも柳が入っていたので
リクエストにはありませんでしたが最初から柳のモチーフが頭に浮かんでいました。
お月さまと柳もとっても合うと思ったので。

梵字だけの方が柔らかいイメージなるように思ったので
毘沙門天さまのお姿はお入れせず
青い月とのリクエストでしたが
平山郁夫さんの「受胎霊夢・摩耶夫人」の資料をいただいていた感じで
背景色に青いイメージで満月の中に毘沙門天さまの梵字をお入れしました。

お月さまに輝く柳が風になびいてるイメージで
少し表面にテクスチャを施して日本画風にしてみようと
最初にモデリングペーストで表面に凹凸をつけて
その上から青のイメージをベースに満月になるところを予測して
月に薄っすらかかる雲のようなものもスポンジングで色着け。

ファイル 430-2.jpg

満月の形にステンシルシートをカットしてお月さまカラーに
またスポンジングでペイントしていきました。

ファイル 430-3.jpg

ステンシルシートをはがす時は気持ちいい~~ヽ(*´∀`)ノ
大きなまんまるお月さまができあがりました。

後は背景が既に雲のかかった絵になっているので
今回も上から描く柳と寺院名をはみ出したり失敗することができません・・・。
一番気を抜けない作業です。
お月さまの中にも金色に輝く毘沙門天さまの梵字を浮かばせて・・・。

ファイル 430-4.jpg

「光柳院」という寺院名は「衡山毛筆草書」というフォント
で考えていたのですが既製のフォントだとしっくりこなかったので
衡山毛筆フォントをお手本に今回も私があらためて書かせていただきました。

ファイル 430-5.jpg

そしてできあがったのがこちら~

和風の作品はやっぱり楽しい~
このテクスチャを付けて描くのもとってもおもしろかったです。
光柳院さんとはなんだかとっても不思議なご縁のようで・・・・。
毘沙門天さまをご本尊とする信貴山で三寅参り(みとらまいり)というのがあるそうで
毘沙門天さまが寅の月(2月) 寅の日、寅の刻(午前3時~5時)にご出現になられて以来
寅が三つ並ぶと「三寅の福」が授かるといわれているそうです。
そんな三寅参りを終えられた2月末、3月にオープンされる予定である
寺院併設のカフェと寺院のための看板を探しておられるた時に
私のサイトを見つけていただけたようです。
三寅=ミトラ=MITRA
これだけでなんだかご縁を感じてしまいますよね~
MITRAとは弥勒菩薩さまのお名前をいただいているのですが
毘沙門天さまとMITRAとのつながりはないのかな~と
このお話を伺ってからいろいろ調べてみると
中央アジア経由でゾロアスター教から仏教に融合されて
日本に至った神であるミトラ神が漢訳されて毘沙門天になったと書かれているものもがありました。
「毘沙門天」=「ミトラ神」=「弥勒菩薩」とも解釈されている研究者もおられるようです。
諸説あるとは思いますがとってもおもしろいお話ですよね。

ご依頼があってからしばらくすると奈良国立博物館では
「国宝 信貴山縁起絵巻」展が始まって
インスピレーションをいただきにも行きました。

そんな流れで繋がりましたご縁。

毘沙門天さまにも弥勒菩薩さまにも感謝です。

光柳院さんお世話になりましてありがとうございました。
光柳院さんのブログでも看板のことをご紹介いただいています。

光柳院さんのブログ・・・

光柳院さんに併設しているカフェ「カフェ椿」のご紹介はこの次に・・・。

こちらでお客さまからのご感想と作品をご紹介しています。

クラフト工房MITRA オンラインショッピング オーダーメイド商品


,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

トールペイント看板・表札のご依頼はこちらから・・・

クラフト工房MITRAオンラインショッピング

,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

『オトナ工芸魂展2016』に参加していました。.:*・゚☆

今年のオトナ工芸魂展に初めて作品展示させていただきました。
今年で参加は2年目。
ホントにいつもギリギリに準備して今回も危うく出展料は寄付するか・・・
みたいなくらい切羽詰まっておりました(笑)

搬入日3日前に材料のMDFボードをカットしてもらい・・・。

ファイル 428-1.jpg

全く電気ものがわからないのに照明仕込みたくて
ホームセンターでウロウロ~~~ヾ(;´▽`A``アセアセ
組み立てていくも最終的に思い描いているものに辿りつくのか・・・。

ファイル 428-2.jpg

ファイル 428-3.jpg

最初思っていたサイズ感よりどんどん小さいものになり・・・
結局半分くらいのサイズのものになりました(笑)

大量に持っていたいろんな柄の和紙を利用して
切り絵を重ねたような白い世界を作りたかったんです。
ところが和紙の切り絵って・・・切ってもフニャフニャだし~~
厚手の紙に和紙を貼ったら照明を当てた時の透け感がなくなるし・・・
その辺をどうしようかな~と思いながらどうにかなるかな~と
搬入5日前・・・看板制作のお仕事をしていてトレーシングペーパーを
探している時に以前に買ったままで使ったことのなかった
厚手の版下用トレーシングペーパーを発見!
お~~~これに和紙を貼れば透けるんじゃな~い?

は~~またまたギリギリの神さま(ギリ神さま)が降りてきてくれた~
と神さまの存在を再確認してしまった瞬間でした(笑)
本当に結構あるのです、こういうこと・・・。
別のもの探していて今とっても必要になるものを見つけたりすること(^^;)

あと額縁部分は本当はMDFボードをカットしたものを取り付けたかったのですが
そんなカットワークしてる時間もなかったので
今回はスチレンボードをカットしようと貼れパネみたいなの買ったのですが
間違って糊がないものの方を買ってしまっていたようで・・・Σ(゚Д゚;)
でも最終的に糊がないバージョンの方がよかったようで・・・
これもギリ神さまのおかげだと確信しています(笑)
たまたま間違っただけなんですが(笑)

ファイル 428-4.jpg

乾燥時間がいるので先ずは額縁部分のボードをカットして
石粉粘土でレリーフを作っておかなければ・・・
これも本当に搬入日までに乾燥してくれるのか~~(;-_-) =3
使った粘土が乾燥すると少し縮むようでボードが
思っていた以上に反ってしまう・・・(´Д`|||) ドヨーン
なんとかデザインしたモチーフを切って和紙を貼る作業を繰り返し。
大体形になったところに額縁部分無理やり固定~~~( ̄▽ ̄)

ところどころ割れてしまったところを補修しましたが
やっぱり会場ではヒビ入ってましたね・・・(;-_-)

なんとか思い描いていた雰囲気にはできたのだけれど
搬入日には間に合わず・・・当日朝搬入しました(笑)ヾ(;´▽`A``アセアセ

お題は『白鳳 HAKUHO 2017』

ファイル 428-5.jpg

展示した感じはこんな感じ~

30cm四方の感じの作品です。

灯りを点けると背景がシルエットになります。

以前から白い孔雀が気になって画像をたくさん集めていました。
来年は酉年だし鳳凰みたいな作品を作りたかったんです。

そしてやっぱり白い世界感が大好き。
こんなシリーズをもうちょっとじっくりまた作りたいと思っています(笑)
作り続けたらいつか作品展でもできるかな~~
作品制作の3日間、また睡眠時間がほとんどなく・・・
作品展の2日間は腰痛で歩くのもつらかった・・・(´-ω-`)
毎回痛い目にあって懲りているはずなのにね・・・。
もうそんな無理なこともだんだんできなくなってきているので
本当にもう少し早く制作できるようにギリ神さまに代わる
早めにお尻叩いてくれる神さまに降臨していただきたいものです・・・。

搬出中に同級生のT君が南港に沈むステキな夕陽の瞬間を教えてくれました。

めっちゃきれいに見える~~ヾ(≧∇≦)〃

T君教えてくれてありがとう~~。.:*・゚☆
作れが吹っ飛ぶような自然からのすばらしいご褒美でした~~ヽ(*´∀`)ノワーイ♪

遠いところまで見に来てくださったみなさま
本当にありがとうございました~。.:*・゚☆

小鳥さん好きの方にも・・・。.:*・゚☆

久しぶりに新しい看板のご紹介。
今回は少し前に制作させていただいた
かわいらしい鳥さんモチーフが入った看板です。

アロマとハーブ・自然素材のトリートメントをされているサロン
「aromatic salon Myu」さんの看板を制作させていただきました。

アロマ、ハーブを取り入れたトリートメントをされているので
リクエストは・・・
* べースカラーはナチュラルな感じに。
* 額縁部分はダスティーピンクかブルーグリーン系で。
* 花材はハーブでよく使われているローズ、カレンデュラ、ローズマリー
ラベンダー、カモミールなどを入れてほしい。
* 鳥モチーフがお好きということで小鳥をどこかに入れてほしい。

ということでリクエストいただいたモチーフを全部まとめてデザインしてみました。

ファイル 425-1.jpg

ファイル 425-2.jpg

ファイル 425-3.jpg

サロン内の家具が白木のものが多いとのことっだったので
そんな白木の家具のイメージを頭に描きながら
お花や鳥が描かれたアンティークカードのイメージでデザインしてみました。

ファイル 425-5.jpg

小鳥は「ヨーロッパコマドリ」(European Robin)という鳥で
ヨーロッパでは「ロビン」(Robin)と略して呼ばれていて
アンティークカードにもよく描かれている鳥です。

ファイル 425-4.jpg

赤い胸の由来にまつわる話が多くヨーロッパコマドリは新年の魂を宿しているとも
言われていて主にクリスマスカードに描かれていました。
童謡であるマザー・グースの1篇
「Who killed Cock Robin?」邦題「誰が殺したクック・ロビン」は有名ですが
このクックロビンはこのヨーロッパコマドリのこと。
本当はクックロビンじゃなくてコックロビン(Cock[雄鶏]Robin」だそうなんですが・・・。
小鳥のモチーフは一度描いてみたかったのでとっても楽しく描かせていただきました。
ここのところサロン系の看板のご注文が立て続けにご依頼がきております。
ハーブ系のモチーフをよく描いているのでアロマ、ハーブなどを使っている
サロンさんなんかに見つけていただいているのかな~
ありがたいことです・・・。
今回初めて小鳥のモチーフを描いたので
鳥さん好きの方にも是非見ていただけるとうれしいな~
そんなヨーロッパコマドリのぷっくりした姿とさえずりが
とってもかわいいですよ。.:*・゚☆
バックに流れる川のせせらぎ音も癒されます・・・。.:*・゚☆

こちらでお客さまからのご感想と作品をご紹介しています。

クラフト工房MITRA オンラインショッピング オーダーメイド商品


,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

トールペイント看板・表札のご依頼はこちらから・・・

クラフト工房MITRAオンラインショッピング

,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,,.。:*;+゜+;*:。.,

PREVIEW NEXT